上映会で寄せられた声から(3)・証言編

1.何度も涙ぐみながら観ました。当時の様子が目に見えるようでした。先生方の子供達を考えての行動に感動し,そしてなによりも子供達のたくましさを感じてうれしかったです。

 

2.津波の映像などは一つも無くとも子どもたちや先生の大変だった様子がとても感じられた。そしてこれからこの経験を生かして生きていく子どもたちの力強さを感じました。この震災をのりこえた子どもたちの将来が楽しみになるような作品でした。

 

3.日頃の訓練がどれだけ大事か身にしみました。先生方のきびんさや,子どもたちの動き,助け合いの気持ちに感動しました。全国の皆さんに見ていただきたいです。私の子供達2人も門小に入学したものですごくなつかしくなりました。

 

4.私も震災で津波の被害を受け避難生活40日を経験いたしましたが,津波に追われる怖さはありませんでした。先生方の冷静な誘導と日頃の訓練の成果がいかに大切であるか,月日を重ねると風化しますが,何時までも語り継ぎ,次代に引き継ぎたいものです。感動いたしました。ありがとうございました。

 

5.感動しました。石巻市民全員,ぜひ鑑賞すべきだと思う。門小の常日頃のひなん訓練のおかげ,大川小の悲哀をみる度に痛感しました。ありがとうございます。

 

6.変わり果てた母校を観て改めて悲しい寂しい思いが致しております。先生方のいき届いた対応にただただ感動しました。素晴らしい先生方です。子供たちの尊い命を救うに至って実際に立ち向かうお姿は今後子供たちの心の支えになることと思います。改めて前向きに生きていこうと思っております。有難うございました。

 

7.3.11を忘れることは決して出来ません。改めて思い出しました。我が母校,今日来てよかった。亡くなった7名お気の毒でした。私は土手に上がり,線路の上で立ったまま,門小の真っ赤な火,爆発する音をききながら一晩すごしました。あたり一面,海と化し,がれきの中,恐怖と寒さと緊張で頭は真っ白!!それに比べて,子供達のしっかりした言葉・行動がとてもたくましく思えました。

 

8.子供達を必死に守ろうとしてくれた先生方はすごいと思いました。私も3日間,子供に会えなかったので先生方に感謝です。ありがとうございました。子供達の笑顔はとてもすばらしいですね。この笑顔がずうっと続くよう願います。もっとたくさんの方々に見ていただきたいと思います。ありがとうございました。

 

9.当時の生と死を分けたのは,判断と行動だということが分かりました。大変な思いをすれば,大変なことをのり越えられると思います。

 

10.評言・・・人間の肉声による語りの持つ迫力に圧倒されました。そのような証言をていねいに積み重ねることによって重厚な説得力のある作品に仕上がっていると思います。監督,クルーの皆さんおつかれさまでした。

 

11.あの時の恐怖を思い出しました。あの日,何が生死を分けたのか,今も不思議で自問します。当時6年だった我が子がどんなふうに避難したのかが分かり,あらためてほっとしました。これから先,どんな人生を送ればいいのかまだまだ設計ができません。

 

12.あの時のことを思い出しました。ふり返ってみるととても大変でした。でも今こうしていろいろなことを言えるのは一歩前に進めたことだと思います。このことは,ずっと忘れることはないと思います。

 

13.私も門脇小学校の卒業生です。自宅は南浜町でもちろん流されてありません。3月11日は職場にいたので津波を見ていません。みなさんのお話を聞いて生々しい情景が目に浮かびます。みなさん大変な思いをして避難したんですね。母校があのような姿になりショックでとても残念です。津波をうらみます。でも子供達といっしょに前向きに生きていきましょう!

 

14.3.11の真実を知ることができ,いろんなことを思いましたが,たいへんな経験をした子ども達の前向きな姿に希望を持ちました。全国のよりたくさんの方に見てほしい,知ってほしいと思いました。ありがとうございました。

 

15.震災時に体験した貴重な証言を動画でまとめたことは,文章で記録したものより,リアルに伝わったように感じました。先生方の冷静な対応,すばらしい行動だったと思います。

 

16.母校のことなので興味深く拝見させていただきました。テレビ・ラジオの報道されていない面が多く,感動しました。ありがとうございました。

 

17.今まで見たどんな映像よりも,震災のことを知ることができました。同じ石巻市内に住んでいても温度差は感じていましたので。鈴木校長先生が門小にいて,子供達や地域の方々を守られていたことは,とてもすばらしく,感動いたしました。飛川先生,スポルスにいた高橋さん,なつかしい顔にこの映画で再開できたことをうれしく思います。これから私達ができることは何か,考えていきたいと思います。すばらしい映画をありがとうございました。

 

18.門小のことがずっと気になっていたけれど,映画を見てどんな状況だったか,やっとわかることができました。門中と門小は今,同じ校舎にいるので,これからも協力して活動していきたいです。

 

19.子供達を避難させる時の先生方の気持ち,責任などが克明に語られていました。冷静さと行動力等,子供達の気持ちも語られて,考えさせられました。心理描写や質問などもよかったです。

 

20.午前11時頃のラジオ石巻で知りました。*訓練が実を結ぶこと *芥川龍之介の「くもの糸」ではなく,絆で助け合い全員助かったことに,先生方・地域の方の責任感に敬服します。 *常日頃の心構えも大切と・・・

 

21.門小の子ども達は,先生方の対応でハッピーに避難できました。ふだんの生活や訓練が,上手に現場(3.11)に活用できたことは,やはり,常日頃の心得がいざという時,どのように対応できるかという一つの教訓になり,本当によかったと思います。教師のとっさの決断力が大切である。

 

22.門小で,2人の孫が世話になっています。みんなに見ていただきたい。訓練があって・・・良かった。

 

23.逃げられて良かったね。先生方ありがとうございます! 助かった命を大切に!

 

24.大変素晴らしい映画でした。本当に門脇地区は甚大な被害で心が痛みます。先生方のご苦労も言葉にならなかったこととお察しします。子供達のけなげさが救いですね。

 

25.3.11の震災の映像みて,人間と人間の協力の大切さを知りました。映画つくりのスタッフの皆さん,ご苦労様でした。

 

26.大震災に関しての想い,一生忘れることは出来ません。ましてや子供達自身の気持ちは可哀想です。皆さんで守ってあげたいと思います。

 

27.(おもいだすとふるえる)もっと皆さんに知ってほしいと思います。あの時の事,あまり話したくないです。いつか話す時がくるでしょうか?

 

28.この映画を見て,生きていく道を決めはじめようと思い,全国の支援を心に刻み,がんばりたいです。

 

29.この津波,地震の記録は後々まで残してほしいです。私も1ヶ月半ひなんしてました。一番困ったことは水とトイレでした。食料は3日目頃より来ました。本当にうれしかったです。なみだが出ました。

 

30.東日本大震災の大変な生々しい言葉と映像を見せて頂きありがとうございました。門小の子供さんのしっかりした言葉に感動致しました。先生たちも大変な思いで子供達を守ってくれたのに感謝致します。

 

31.日ごろの訓練,先生方はもちろん,門脇小学校の子供達も立派だと思います。私も孫2人を見ています。毎日,この子供達を守ることが出来るかと不安がいっぱいです。守ります,どんなことがあっても。今日の映画を見て,今後の災害の教訓にしたいと思います。思いやり,絆ですね。

 

33.すばらしい映画でした。とても感動致しました。子供達の作文校長先生,教頭先生,他の先生方,とても立派な行動でした。

 

34.あらためてひなん訓練の重要さ,人と人とのつながりの大事さを感じさせられました。

 

35.焦点をしぼる事の大切さ,「生きる力」を子供たちから教えられました。

 

36.普段の訓練が役立ちましたね。亡くなられた子供達のごめい福を。

 

37.先生たちの責任感,子供達のしっかりした行動力にはびっくりしました。

 

38.神奈川県から来ました。神奈川県は地しんでゆれただけだったのですが,門脇小学校は,つなみや火事や地しんで,すごく大きなひがいをうけたことがよくうつされていて分かりました。門脇小学校のみんなは,協力してたすけあったんだなと,感じました。

 

39.大人の判断が良ければ犠牲は少なくて済む。この映画は他校の教職員にも参考にしてもらいたい。一つの被災学校にしぼっていたのも良かった。    涌谷町A

 

40.今日の上映を見て,先生方や大人の判断が子ども達を助けたのだと思いました。子ども達を助けるのは,大人の使命ではないかと思います。そしてお年寄りを助けるのは若い人たちや子ども達なんじゃないかと思います。人びとが助け合って復興を目指して下さい。 東京から来た者より

 

41.埼玉からボランティアで夏から来ていました。門脇の教員たちの勇気ある行動に敬意を表します。あの日を強く生きた子供たちの未来が明るいものになってほしいです。夏の作品を楽しみにしています。昨年の5月からボランティアで約11ヶ月,石巻にいます。11月からは現場作業のバイトをしながら生活していますが,最近,自分がこの地にいる意味を見失いがちになることが多々あります。このような作品を見ると自分を見つめ直すいい機会になります。「記録」の重要性は非常に高いですのでご活動,これからも頑張って下さい。 神戸より個人ボランティアB

 

42.今まで地震や津波の写真や映像を沢山みてきた。4月からボランティア団体の一員として石巻で時間を過ごし,地域住民の方々や町の現状と向き合ってきた。実際の光景を見てきた自分が,今回の映画をみて言葉の強さ・重みを改めて感じた。一人でも多くの人にみてもらいたい。ありがとうございました。 ピースボートC

 

43.門小の子供さん,校長先生,教頭先生,親御様の体験談,ほんとに一年前がよみがえりました。将来の困難に向き合った時,乗り越えられ,強くなれると感じます。被災地の皆さん,力を合わせて頑張りましょう。又,監督様,スタッフ様頑張って下さい。

 

44.こわい体験,決して忘れることはないし,忘れないと思います。でもたくましく強く生きてってほしい。一人で生きているんだみんな。どんな状況の中でも助け合って生きていくんだと言える社会であってほしい。

 

45.3月11日から一年がすぎ,忘れているところもありましたが,また,あらためて大震災がおきたらどのように動くのか,人とのかかわり,思いやりを思いだしました。

 

46.学校の適切な判断で,子供達は無事に。私の孫達も今は元気に暮らしています。ありがとうございました。

 

47.子供たちは大変な思いをしたんだなぁと。この事を大人になった時に何かに役立つようになったら良いですね。映画は全国,又世界の人達にも見てもらいたいです。

 

48.一時避難所,二次避難所を決め,日頃避難訓練を行っていたことが被害を少なくしたと思う。

 

49.先生方の指導も普段から行きとどき,子供達もしっかりと受けとめ,これからもきっとがんばっていくと思いました。

 

50.3月11日の地震・津波の時,再会するまでの子供達のようすがよくわかりました。

 

51.私も門脇小1~3年生の子どもたちと関わっています。当時の様子を思うと,子どもたちの気持ちを前向きに明るく,心の環境が育くむようにと願っています。

 

52.書きたいことはいっぱいあります。これからも良いDVDを作って下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.ic-blog.jp/t/trackback/328186/28815659

上映会で寄せられた声から(3)・証言編を参照しているブログ: